その他カスタマイズ

ここでは、設定画面ではできない aeroTAP (エアロタップ) タッチレスインターフェイスの機能のカスタマイズの種類と方法について説明します。
これらの機能のカスタマイズには、レジストリ設定を行います。

現在、以下の機能のカスタマイズが可能です。こちらのリンクから aeroREG.zip ファイルをダウンロードして展開してください。



近傍追跡モードおよびハイブリッドモード時に近傍クリックを無視する

次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_NEAREST_NOCLICK_ON.reg

元に戻す場合、次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_NEAREST_NOCLICK_OFF.reg


仮想ボタンを大きく表示する

次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_VBMODE_BIG.reg

元に戻す場合、次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_VBMODE_BIG_OFF.reg


停止してすぐに仮想ボタンを表示する(停止して待つ時間を0にする)

次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_VBMODE_ON.reg

元に戻す場合、次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_VBMODE_OFF.reg

仮想カーソルを常に表示

次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_SHOW_CURSOR_ALWAYS_ON.reg

元に戻す場合、次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_SHOW_CURSOR_ALWAYS_OFF.reg


近傍時にガイダンス画像を表示 ( ガイダンス表示オプションはオフに設定したまま )

次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_SHOW_GUIDANCEF_FOR_NEAREST_ON.reg

元に戻す場合、次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_SHOW_GUIDANCEF_FOR_NEAREST_OFF.reg


*ガイダンス表示スタイルは、SplashGuide.ini で設定できます。


タッチレス領域の制限

画面の一部分のみをタッチレス領域して指定するには、コマンドライン パラメーターを利用してください。

例えば、大きなウォールディスプレイ(壁全体をディスプレイにしたもの)で、その一部分(オペレーターの前)のみをタッチレス領域として操作可能にする場合に有効です。


ガイダンス画像の再表示までの時間(デフォルト10秒) 

ガイダンス画像の表示を有効にすると、カメラの前のオペレーターを検出すると、表示し、オペレーターが操作を開始すると消え、操作を終了すると10秒後にガイダンスを再表示します。

この再表示まで時間を下記のレジストリ値を変更することで、調整することが可能です。

次のレジストリファイルを編集して適用してください。

aerotap_GUIDANCE_COUNTDOWN.reg

指定する値は、秒です。例: 値 180 は、3分

また、値0を設定すると、次のような流れになります。

1.オペレーターを検出して、ガイダンスを表示

2. 操作を始めると、消える

3. 操作を終了しても、表示しない。

4. 一旦オペレーターが居なくなり、再度オペレーターを検出すると、ガイダンスを表示( #1に戻る )


フィードバック画面の大きさを大きくする

フィードバック画面の大きさをカスタム設定するには、次の、レジストリファイルを編集して、適用してください。

aerotap_FEEDBACK_SIZE.reg

値 FeedbackWith に幅(ピクセル) の値を16進数で指定します。縦の大きさは、自動計算されます。


正しい深度データが得られない場合の深度マスクの設定

カメラの設置環境によっては、その背景の照明で白飛びしたり、特殊なテクスチャのために深度データが正しく得られない場合があります。症状は、[aeroTAP カメラ]設定画面の深度マップ画像で、遠くにある照明が近くにあるように(赤い色で)表示されることで確認できます。その他、特殊な模様の壁の一部が近くにあるように表示される場合です。

これらの症状は深度マスクデータを生成し、マスクすることで解決できます。次の手順でマスク画像を生成してください。

この機能を無効にするには、Off用のレジストリ を適用してください。


手のひら追跡が終わったら常にカーソルを(0,0)に移動

アプリケーションによっては、カーソル位置を常に監視して動作するものがあります。aeroTAP では、手のひら追跡が終わると、制御していたカーソルは、手のひら追跡終了時の位置に残ります。これによりアプリケーション側が反応して意図しない動きをすることを回避するには、カーソルを画面右上(0,0)に移動させる設定に変更します。

次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_NoPalmHideCursor_ON.reg

元に戻す場合、次のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_NoPalmHideCursor_OFF.reg

仮想ボタンの表示エフェクトをシンプルにする

仮想ボタン、仮想スクロールバーの表示をエフェクトなしでシンプルな表示にするには、下記のレジストリ設定を適用してください。
aerotap_VB_EFFECT_OFF.reg
エフェクトをONに戻すには、下記のレジストリ設定を適用してください。
aerotap_VB_EFFECT_ON.reg

マルチモニター環境でのモニターの切り替えを無効にする

マルチモニター環境で、操作モニターを固定したい場合、モニターの切り替えを無効にしたい場合は、以下のレジストリを適用してください。

aerotap_NoMonitorChange_ON.reg  ( NoMonitorChange 値 =1 )

モニターの切り替えを有効に戻すには、下記のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_NoMonitorChange_OFF.reg ( NoMonitorChange 値 =0 )

補足: 起動パラメーター /x /y を指定すると、モニターの切り替えを禁止します。モニター切り替えを有効にするには、値 2 を指定してください。


VT モードでの[一旦引いてください]警告メッセージを表示しない

VT モードで、指先をタッチ面に位置したままにすると、表示する警告メッセージを表示しないようにするには、以下のレジストリを適用してください。

aerotap_VT_WARNING_OFF.reg

警告メッセージを有効に戻すには、下記のレジストリ設定を適用してください。

aerotap_VT_WARNING_ON.reg


USB2.0接続時にFPSを上げるためにMJPEGモードを利用する

USB2.0接続時にVGA以上の解像度で利用する場合、USBのバス幅の制限によりFPSは20程度に落ちてしまいます。CPUに余裕のある環境では、以下のレジストリを適用してMJPEGモードを有効にすることでFPSが向上し、追跡性能が良くなります。

aeroTAP_EnableMJPEG_ON.reg

モードを元に戻すには、以下のレジストリ設定を適用してください。

aeroTAP_EnableMJPEG_OFF.reg