操作領域のカスタマイズ

aeroTAP を操作する際、操作領域の設定は、ユーザーの操作感に影響します。例えば、操作領域を狭めることで、より小さな手の移動範囲で、画面全体を移動することができるようになり ます。設定によっては、過敏な反応となり、逆に小さなボタンなどの選択が困難になることがあります。

コンテンツに合わせて操作領域の大きさや位置を変更することで、より効果的な演出が可能になります。


重要: 操作領域のカスタマイズには、Professional ライセンスが必要です。


重要: 操作領域のカスタマイズは、ほとんどの場合、必要ありませんが、例えば、「近傍追跡モード]で稼働する場合に、ポインティングをより細かくするには、操作領域をカメラビュー全体に広げると効果があります。

領域を左上端や右下端に移動すると、画面上の上下左右の位置をポインティングできなくなります。 


操作領域

「ようこそ」画面の[カメラ画像]を表示すると、現在の操作領域が青色の矩形で表示されています。矩形内をドラッグすることで位置を移動することができます。

さらに、操作領域矩形の左上と右下のアイコン をドラッグすることで、矩形領域を変更することができます。

変更した領域をデフォルトの状態に戻すには、[リセット]ボタンをクリックします。




横領域を小さく変更した例: