aeroTAPSrv (Web API) とは?

 aeroTAPSrv (Web API) は、HTTPを介してaeroTAP APIを提供します。
 例えば、JavaScript から aeroTAP APIを利用することで、タッチレスを組み込んだWebアプリケーションの開発が可能になります。




主な機能

シンプルなWeb サーバーの機能を提供します。

稼働中の aeroTAP がオペレーターを検出しているかどうかを取得します。
*オペレーターの検出は、aeroTAP の距離フィルターが有効の場合にのみ機能します。

稼働中の aeroTAP の手のひら検出状態を取得します。


aeroTAPSrv 設定画面

aeroTAP evo を実行しているPCでaeroTAPSrv を実行します。

重要: aeroTAP と aeroTAPSrv は、同じフォルダーで実行する必要があります。



項目 説明
サーバポート HTTP サーバーとして利用するポート番号を設定します。
ポーリング間隔
aeroTAP の状態を取得する間隔 (ms) を指定します。
開始後、このダイアログを最小化する チェックすると、開始後、自動的にダイアログを最小化します。
最小化後は、Alt+Tabキーで画面を回復し、チェックボックスを解除することで、画面を表示したままにできます。
アクセス ログファイル log.txt を生成する チェックすると、アクセスログファイル log.txt を aeroTAPSrv.exe と同じフォルダーに生成します。
*インストール先フォルダーによっては、管理者権限で実行しないとログ生成できない場合があります。

aeroTAPSrv 起動パラメーター

aeroTAPSrv で設定可能な起動パラメーターは下記のとおりです。

パラメーター 説明
/a または /A 最後に実行した設定で自動起動します。


Windows ファイアウォールの設定

aeroTAPSrv が HTTPサーバーとして稼働するためには、ファイアウォールの設定が必要になります。

初めて実行する際、下記の警告メッセージが表示されたら、[アクセスを許可する]を選択して進めてください。


aeroTAPSrv APIの書式


トラッキング情報の取得
  リクエスト: http://localhost/
  応答:  OP オペレーターの有無, (重心座標x,y,z), Palm 手のひら検出の有無, (座標x,y,z), クリック有無
  *重心座標は、320x240座標系(固定)の位置です。手のひら座標は、画面上の座標(解像度の依存)です。
  例: OP 0, (0,0,0),Palm 0, (0,0,0),0

カラー画像の取得
  リクエスト:
http://localhost/color.bmp

深度画像の取得
  リクエスト:
http://localhost/depth.bmp



HTTP サーバーとしての機能

WebサーバーのRoot フォルダーは、aerotAPSrv.exeと同じフォルダーになります。
例えば、index.html を作成し、aeroTAPSrv.exe と同じフォルダーに設置することで、http://localhost/index.html としてアクセス可能です。
重要: インストール時に、デフォルトでは、C:\Program Files に aeroTAP と共にインストールされます。そのため、Webサーバーとして管理者権限の必要なファイルを参照するには、aeroTAPSrv.exe を管理者権限で実行する必要があります。
管理者権限の必要フォルダーへのアクセスは、"エラー 403 Forbidden" となります。

aeroTAP evoを連携する場合のヒント


クリック  アクションを、アプリ側で処理するには、aeroTAP 側の設定で [クリックアクション認識] の設定を [なし] に設定してください。

カーソルをアプリ側で表示する場合、aeroTAP の仮想カーソルも [表示しない] に設定してください、また、状況によっては [カーソル移動] も [移動しない] を選択してください。


サンプル HTML (JavaScript)


サンプルを実行するには、ローカル PC で aeroTAP および aeroTAPSrv を稼働した状態で、下記のサンプル HTML ファイルをブラウザで開いてください。


fetch.html

    HTTP にて Web API をポーリングし、情報を取得

aeroTAP-WebAPI.html

    Web APIデモ (深度画像表示と、タッチレス ポインティング)