ライセンスおよびシステム要件

 

aeroTAP evo ライセンスの違い

aeroTAP evo には次の2つの種類のライセンスがあります。ライセンスは、カメラ毎に管理されます。同じカメラを別のaeroTAP をインストールしたPCに接続して利用することも可能です。

aeroTAP evo ライセンス版

aeroTAP 3D USBカメラを接続した場合には、ライセンス版として機能します。

aeroTAP evo Professional版 デジタルサイネージやその他特殊な利用に対応するためのカスタマイズ可能なバージョンです。
ライセンスの取得などは、個別にお問い合わせください。

Professional版が必要な場合
  • デジタルサイネージやゲームコンテンツなど不特定多数の人が操作する場合
  • 医療などで利用し、複数の医師やその他 関係者が操作する場合
  • 企業のエントランスなどで企業案内をタッチレスインターフェイスで利用する場合(サイネージ利用)
  • その他、自社製品への組み込み販売、再販などを目的とした場合
  • カスタマイズの要望や導入サポートが必要な場合

Professional版が不要な場合
  • ビジネスでプレゼンテーションに利用する場合。個人が自身のコンピューターで利用する場合。
  • 自社製品と組み合わせて開発/テストする場合。

ご利用の aeroTAP evo ライセンスの確認方法は、 こちら


カメラによる機能の違い

aeroTAP 3D USB カメラ Type Aを使うことを推奨します。

aeroTAP 3D USB カメラは、インターフェイス用カメラとしてデザインされていて、コストパフォーマンスに優れています。

機能 aeroTAP 3D USB カメラ aeroTAP 3D GSカメラ
近くでの操作

 

ライセンス機能の比較表

機能
ライセンス版 プロフェッショナル版
タッチレス操作領域の設定
サイドインジェスチャ認識
スタートアップでの自動開始
操作領域のカスタマイズ
ガイダンス画像の置き換え
仮想ボタン アイコンのカスタマイズ(差し替え)
仮想カーソルのカスタマイズ(差し替え)
マルチモニター環境で、任意のモニターで起動
仮想タッチパネル機能 (組み込みのみ)

 

システム要件